閉鎖面皰(白ニキビ)の治し方

吹き出物の治し方を知りたい方は必見!初期の白ニキビを治療するための正しい医学的知識を満載してお届けしています。炎症が起きていない段階なら、痕を残さずキレイに治すことも可能。今すぐに正しい情報を仕入れて、すべすべの肌をキープしましょう。

初期ニキビを完全撃退〜白ニキビの治し方!

初期ニキビの特徴は、白くプツっとした吹き出物が出ることです。専門用語ではコメドと呼びます。まだ炎症は起きていない非炎症性皮疹であり、アクネ菌の本格的な増殖が始まっていないので、この段階で治療をすれば重症化して痕が残る…といったリスクはありません。可能な限り、このタイミングで治すことがニキビケアの鉄則といえます。

白ニキビの真実〜この段階で治せば満足!

白ニキビと赤く炎症を起こしたニキビの違いはどこにあり、どんな条件が揃うと炎症を起こしてしまうのでしょうか?まずは、そういったニキビのメカニズムについて解説することにしましょう。そもそも白ニキビというのは、角栓が詰まった毛穴の中に皮脂が溜まっている状態。この中にアクネ菌が入り込んで増殖すると、赤く炎症を起こして赤ニキビになるわけです。炎症を起こしていない以上、皮膚組織が大きなダメージを受けているわけではないので、この状態のうちに治してしまえば痕が残ったり、痛みや痒みが出ることもありません。

炎症を起こさないために必要なケアは?

白ニキビは、角栓が詰まった毛穴の内部に皮脂が溜まったもの。となると、皮脂分泌を抑えれば良いのでしょうか?もちろん、悪化の可能性を低減するという意味で一定の有効性はあるでしょう。実際、皮脂細胞を活性化する働きがあるインタープロイキン-1(IL-1)、腫瘍壊死因子(TNF-α)を産生するPPAR(ペルオキシゾーム増殖因子活性化受容体)を制御するといったアプローチでニキビを緩和する考え方も存在しています。要するに、皮脂分泌を減らすことでニキビの悪化を抑えるわけですね。

抜本的治療で白ニキビを解決!

毛穴を縮小させて柔軟性をなくし、簡単に角栓詰まりを起こしてしまう原因は男性ホルモンにあるのです。女性の体内にも一定量の男性ホルモンが存在しており、この男性ホルモン量が増加してしまうと、毛穴が収縮して角栓による詰まりが発生しやすくなります。さらに男性ホルモンには皮脂分泌の増加、肌本来のバリア機能を低下させる性質もあり、ニキビの悪化につながります。よって、男性ホルモン優位の状態にならないよう、ホルモンバランスをコントロールすることが抜本的な治療となり得るわけです。

具体的なケア方法を紹介!

男性ホルモンを抑制するためには、常に女性ホルモン優位の状況を維持することが必要。そこで、女性ホルモンであるエストロゲン、あるいは類似作用を持つイソフラボンといった成分を用いてホルモンバランスを整えることで大人ニキビの改善が望めるのです。また、すでに発生している白ニキビについては面皰圧出やホルモン療法による皮膚科の治療が最適。これは白ニキビ表面に針で穴を開け、さらにアクネプッシャー(面皰圧出器)という道具で中身の皮脂を抜く治療です。これによって、肌表面を傷つけることなく、白ニキビを除去することが可能となります。

白ニキビの正しいケア法〜まとめ

初期のニキビを治療する方法は多岐にわたりますが、ホルモン療法と面皰圧出により、治療&予防を同時に行うのがもっとも優れた方法です。一番やってはいけないのが、爪や毛抜きといった器具を用いて自分で潰してしまうこと。傷に雑菌が入れば炎症の原因になりますし、炎症が起こればニキビ跡になってしまう可能性が高くなります。せっかく炎症が起きていない白ニキビの段階で治療しようと考えたのなら、医学的に正しい治療法を選択してくださいね。