ホルモン治療

ホルモン治療によって、大人ニキビの原因を根本から取り除くことが可能!こちらでは女性ホルモン、および類似物質を活用したホルモン剤治療によってニキビをケアするメカニズムを徹底解説しています。美肌を取り戻すための正しい治療法を今すぐにチェックしてみませんか?

ホルモン治療によるニキビの改善

多くの方が“ニキビは皮脂の過剰分泌によって発生する”と誤解していますが、根本原因はホルモンバランスが崩れて男性ホルモン過多の状態が続くことにあります。こちらでは、ニキビを根本から治療するホルモン療法について詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

男性ホルモンとニキビの密接な関係

男性の体内にも女性ホルモンは存在しますし、女性の体内にも男性ホルモンが存在するのですが、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが過剰になると、大人ニキビを発症してしまいます。男性ホルモンには角化細胞を増殖させて肌の柔軟性を失わせ、角栓による毛穴詰まりを引き起こす性質があるため、ニキビの初期段階である閉鎖面皰を作り出すのです。その上、男性ホルモンは皮脂の過剰分泌を促進する性質まで持っており、角栓の詰まった毛穴に皮脂が溜まる原因にもなります。要するに、ニキビの発生&悪化の療法と密接に関わっているわけですね。

具体的なホルモン治療の方法は?

女性ホルモンには男性ホルモンの働きを抑える作用があります。ですから、体外から女性ホルモンを補給してあげることで、男性ホルモンの働きを抑えることが可能なのです。そこで、女性ホルモンに類似した働きをする成分を疑似ホルモン剤として投与したり、避妊薬としても用いられるピルを服用するといった方法が有効になるのです。ピルというのは意外かもしれませんが、実はピルというのは女性ホルモン(エストロゲン)を含んだ薬。よって、こういった方法を用いれば、体内のホルモンバランスを女性ホルモン優位の状態へとシフトさせることが可能になります。

女性ホルモンを増加させる薬の種類

疑似ホルモン剤、ピルにも様々な種類が存在しているのですが、疑似ホルモンとしてはイソフラボン、エストロンの2つが有名。イソフラボンは大豆やヒオウギといった植物に含まれている女性ホルモン類似物質ですが、分子構造が2通りあり、1つは分子量の大きいグリコシド型、もう1つが分子量の小さいアグリコン型となっています。次にエストロンですが、これは果物のザクロに多く含まれています。最後にピルですが、ホルモン治療用のダイアン35、イソトレチノインといった薬品が主にニキビ治療に用いられています。

外用薬を用いたホルモン療法も存在!

ここまで内服薬によるホルモン治療を紹介してきましたが、外用薬による局所ホルモン治療というのも存在します。これは女性ホルモンを含んだ軟膏を用い、ニキビの出ている箇所を重点的に治療するという方法。この治療を内服薬と同時併用することで、より高い効果、および即効性を期待できるでしょう。ホルモンバランスをキープすることが目的ですから、必ずホルモン療法の皮膚科医の指示を仰いで治療を行ってください。ホルモン治療を得意とする医師による処方であれば、まったくリスクを伴わず、安全かつ確実にニキビの根本治療を行うことが出来ます。

女性ホルモン治療の効果&注意点〜まとめ

大人ニキビの発生要因は男性ホルモンの過剰であることがほとんどです。実際、ニキビ患者の血清検査を行うと、男性ホルモンの数値が普通より高くなっているため、医学的見地からも関連性は明らか。よって、ホルモン治療によって女性ホルモン優位の状態を作り出すことがニキビの根本治療といえるのです。ホルモンバランスを整えるためには、ホルモン療法の経験を持った皮膚科医を受診し、内服薬、外用薬を併用した治療を行うことが大切です。