ムダ毛とニキビの関係
〜終毛性毛包

毛髪、太く長いムダ毛などを生やしている終毛性毛包とニキビの関連について詳しく解説!もちろんニキビだけでなく、頭皮に発生する炎症、肌トラブルに関する情報も掲載しています。頭皮も肌の一部である以上、ケアの知識を持っておくに越したことはありません。肌ケアの知識を1から10まで丁寧に説明していますので、是非チェックしてください!

ムダ毛とニキビに関連はあるの?終毛性毛包を解析

こちらでは、全部で3種類ある毛穴の1つ、終毛性毛包とニキビにどんな関連があるのかを徹底的にリサーチしています。ニキビを含めた何らかのトラブルに悩んでいる方はもちろん、スキンケア全般の情報をお求めの方も是非ご覧ください。毛穴にまつわる美容情報のすべてを解説しています。

終毛性毛包にはどんな特徴があるの!?

毛穴には3つの種類があり、皮脂を多量に排出し、産毛を生やしている脂腺性毛包、菱に乏しく細く柔らかい産毛を生やしている軟毛性毛包、そして太く長い髪の毛、ヒゲ、脇毛といった体毛全般を生やしている終毛性毛包に分かれています。終毛性毛包の特徴としては、毛髪やムダ毛といった目立つ体毛を生やしていることに加え、脂腺性毛包ほどではないものの、それなりに発達した脂腺を持っていることが挙げられるでしょう。ただ、産出された皮脂が毛の成長に合わせて押し出されてくるため、毛穴の中に皮脂が溜まってニキビになることはほとんどありません。

ムダ毛とニキビの関係について気をつけることは?

女性の場合、男性のように太いヒゲが生えることはまずありませんから、基本的に顔には終毛性毛包がありません。ただ、産毛レベルのムダ毛も含めて考えれば注意するべきことは存在します。顔のニキビと、さらに背中ニキビについても言えるのですが、ニキビが出来ている時にカミソリでムダ毛処理をするのは避けるべきです。カミソリの刃を当てると、角質層を傷つけてしまうからです。ニキビが出来ている場合、さらにカミソリを当てると、肌の保護機能が落ちて、ムダ毛処理をした範囲のニキビをさらに悪化させてしまう可能性が高いといえます。

終毛性毛包には絶対にニキビは出来ない?

前述したとおり、終毛性毛包の皮脂は毛の成長と同時に排出されるため、ニキビが出来る可能性は著しく低いと言えます。万が一、ニキビが出来たとしても、周辺に多発することは考えにくいので、自然治癒を待てば問題ないでしょう。しかし、あくまでもニキビになる可能性が低いだけで、何らかの炎症を起こす可能性がないわけではありません。女性の場合、終毛性毛包が多量に存在する部位といえば頭皮になりますが、頭皮に皮膚炎が生じることはあり得ます。

終毛性毛包とニキビの関係〜まとめ

髪の毛、ヒゲ、脇毛といった太く長い毛を生やしている終毛性毛包の場合、産生された皮脂が毛の成長と同時に押し出されてきますから、ニキビになる可能性はかなり低いといえます。ただ、ニキビができないからといって、あらゆる皮膚炎と無縁というわけではありません。必要に応じて医療機関を受診することが必要です。頭皮湿疹などの炎症も悪化すれば、非常に辛いですし、ニキビだけでなく、あらゆる肌トラブルに注意し、肌バリアの機能を維持することが重要です。