男性ホルモンが
ニキビに与える影響

大人のニキビに悩んでいる女性は必見です!大人ニキビの主な原因となっている男性ホルモンの働き、ニキビを発生させてしまうメカニズムについて、一般の方にも理解できるよう、わかりやすく解説。お肌とホルモンの関係について、どこよりも詳しくまとめています!

男性ホルモンとニキビの関係をリサーチ!

“男性ホルモンは男性が持っているホルモンじゃないの…?”と考えている方も多いかもしれませんが、女性の体内でも男性ホルモンは作られますし、男性の体内でも女性ホルモンは作られています。そして、女性の場合、体内の男性ホルモンが増えすぎると、辛い大人ニキビの原因になってしまうのです。ここでは、大人ニキビに悩んでいる女性に向けて、男性ホルモンの働きを詳しく解説することにしましょう。

男性ホルモン優位の状態だとニキビが増える!?

男性ホルモンのアンドロゲンは、皮脂全体の約5割に相当するトリアシルグリセロール(トリグリセリド)の分泌を促進してしまうことは医学的にハッキリしています。さらに、アンドロゲンは角化細胞(ケラチノサイト)の増殖を促し、肌の角質を増やしすぎる“異常角化”という状態をつくって、毛穴が角栓によって塞がれる可能性を高めてしまうのです。毛穴が詰まり、そこに皮脂が溜まるのがニキビの始まり。それを考えれば、2つ原因、その両方を促進する男性ホルモンがニキビ生成に大きな影響を与えているのは間違いありません。

特にUゾーンのニキビに悩んでいる人は要注意!

もちろん、すべてのニキビが男性ホルモンの影響ではありません。そこで、ご自身のニキビが男性ホルモンによるニキビなのかを、チェックする方法をお教えします。顔の側面、もみあげから顎にかけてのUゾーン、あるいは鼻の下、口周りにニキビが出来やすい方は男性ホルモンが原因となっている可能性大。このUゾーンと口周りは男性ホルモンの影響を受けやすい部位で、ちょうど男性だとヒゲが生えやすい位置に相当します。女性の場合、ヒゲが生えない代わりに、男性ホルモンの影響で大人ニキビが出来てしまうわけです。

男性ホルモンが優位になってしまう原因は!?

大人ニキビの主な原因が男性ホルモンであることはご理解いただけたと思いますが、どうして女性なのに男性ホルモン優位の状態になってしまうのでしょうか?一番の原因は不規則な生活、ストレスによるホルモンバランスの乱れです。こういったストレスを受けると、自律神経のうち交感神経が優位になり、身体全体が緊張、興奮状態になってしまいます。交感神経は男性ホルモンの分泌を促すので、交感神経が活発な状態が長く続くと、結果的に男性ホルモン優位の体質へと変わってしまうわけです。この影響が肌に表れた時、大人ニキビに悩まされることになります。

男性ホルモンと大人ニキビの関係〜まとめ

20代以降に発生する大人ニキビは、男性ホルモンの働きによって引き起こされています。特にUゾーンにニキビが出来ている場合、男性ホルモンによる大人ニキビであると考えて間違いないでしょう。ストレスによって交感神経が活発になると、男性ホルモンが分泌されて大人ニキビが悪化する傾向にありますので、まずはリラックスして副交感神経優位となるような生活習慣を取り入れることが重要です。