成分別ニキビ化粧品一覧

ニキビに効く化粧品を探している方は必見!大人のニキビを解消するための有効成分を徹底解説していますので、あなたにピッタリのコスメを選ぶ一助として、当サイトの情報をご活用ください!

化粧品によるニキビケア〜成分解説

軽度のニキビを治したり、ニキビ予防をしたり…といった日常的なケアをするためにニキビ用の化粧品を探している方も多いでしょう。こちらでは、ニキビケア向けの化粧品に含まれている主要な有効成分を1つずつピックアップした上で、その効果を徹底解説しています。ご自身の症状にピッタリの化粧品を見つけるために、参考にしてください。

フラーレン

大人ニキビというのは肌バリア機能の低下によって発生する…という側面があります。バリア機能が弱ることで角質層の乾燥が促進され、角栓が発生しやすくなるためです。そこで、角質内の保湿成分を回復させ、バリア機能の向上を助けるフラーレンがニキビケアの主要成分として注目を集めるようになりました。こちらでは、ナノテクノロジーの成果として誕生した有効成分、フラーレンの効果と、ニキビ改善のメカニズムについて解説。日常のニキビケアコスメとしての可能性を1から10まで分かりやすく説明しています。

イソフラボン

ニキビの根本原因は、ホルモンバランスの乱れ。男性ホルモン過多の状態が続くと、毛穴の収縮が起こり、角栓による詰まりが生じやすくなるためです。さらに男性ホルモンには皮脂の過剰分泌を促進する作用もあるので、ニキビを悪化させ、アクネ菌の増殖をもたらしてしまいます。そんなニキビの根本原因を取り除くために、女性ホルモン優位の状態を作り出す成分、イソフラボンの有効性が知られるようになりました。こちらでは、そんなイソフラボンの効果について、誰にでも分かる形で解説しています。

ビタミンC誘導体

美白作用、抗酸化作用などを持っており、美肌成分の代表格として知られるビタミンC。しかし、ビタミンCは非常に不安定な成分であり、そのままの形で化粧品に添加しても効果は薄いと言われています。ここでは、そんなビタミンCの可能性を最大限に活用するために生み出されたビタミンC誘導体の効果を完全解説。ビタミンC誘導体の選び方に加え“なぜ誘導体にすると高い効果が認められるのか”といったメカニズム部分までを丁寧に紹介しています。

パントテン酸(ビタミンB)

ビタミンBの一種であるパントテン酸は、肌のターンオーバーに関連する成分として注目を集めています。パントテン酸がどのようにニキビ予防効果を発揮するのか、ニキビ跡にパントテン酸が有効と言われているのは何故か…などなどニキビケアの基本知識を余すところなく解説させていただきました。また、ビタミンB群の1つであり、パントテン酸と同時に塗布することで高い効果を発揮するナイアシンアミドについての解説も充実。ニキビケア全般に関わる情報を徹底公開しています。

トコフェロール(ビタミンE)

ビタミンEはトコフェロールとも呼ばれ、脂質の抗酸化作用のある成分として注目を集めています。ビタミンEがどのようにニキビ予防効果を発揮するのか、トコフェロールが有効と言われているのは何故か…などなどニキビケアの基本知識を余すところなく解説させていただきました。

イソプロピルメチルフェノール

ニキビの原因菌となるアクネ桿菌を殺菌する成分として、ニキビケア化粧品に用いられているイソプロピルメチルフェノールの作用を解説しています。なぜ、この成分がニキビケア用のコスメに用いられているのか…といった知識に加え、有害性の有無など実用性重視の情報も完全公開。どのニキビケア化粧品を使用するか迷っている方は是非とも、こちらをチェックしてみてください。正しいニキビケアの方向性を知るためにも役に立つこと間違いなしです。

グリチルリチン酸

甘草由来の抗炎症成分、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸二カリウム)の効果を基礎から解説しています。グリチルリチン酸が漢方成分としても用いられていることや、アメリカで甘味料として使われていることなど、関連情報も多彩。懸念されている副作用リスクについても分かりやすくまとめました。ニキビに悩んでいる方はもちろん、スキンケアの基礎知識をお探しの方にもオススメの内容です。

サリチル酸

ピーリング効果があることから、角質溶解剤として広く使われている成分、サリチル酸の効果について説明しています。ニキビに対してどのような効果を持っているのかに加え、副作用など注意するべき点についても詳細解説。サリチル酸の真実について、余すところなくお届けします。ニキビを含めた肌トラブルのケアには、何よりもまず、正しい知識を得ることが大切です。

ニキビケア化粧品の有効成分〜まとめ

ニキビケア化粧品に含まれている有効成分には多様な種類が存在していますが、その作用機序、効果は1つひとつ異なっています。予防と緩和のどちらを重視するのか、主に悩んでいる症状は何か…といった個人個人の状況によって、用いるべき化粧品は変わってくるでしょう。まずは、自分の症状にもっとも適した成分がどれなのかを探り、それから使用する化粧品を選ぶことが大切です。