顎ニキビの治し方

大人ニキビのうち、顎に発生するケースの治療法、予防法をまとめています!男性ホルモンの影響を受けやすい部位なので、女性の場合はホルモン治療が第一選択。男性の場合はカミソリ負けが原因になっている可能性があるのでシェービング法を見直すことから始めてください。

顎ニキビの治し方ガイド

大人ニキビが出来やすい部位の1つとして、顎周辺が挙げられます。顎に汗腺はほとんどありませんが、皮脂腺は多く存在しているため、わりと皮脂詰まりを起こしやすく、悪化するケースも多いようです。ここでは、そんな顎ニキビのケア方法を具体的に紹介していますので、今現在ニキビに悩んでいる方は是非ともチェックしてください。

自宅で可能なケアを紹介!

顎ニキビの発生を防ぐ手段としては、保湿ケアが挙げられます。角質層に充分に水分が行き渡っていれば、原因である毛穴詰まりが起こる可能性は下がります。また、顎は手で触れる機会が多く、何かと雑菌が持ち込まれやすい場所です。手指で直接触れるのを意識的に避け、刺激を与えずに泡の力だけで洗顔する習慣をつけて常に衛生的に保っていれば、炎症が起こる可能性は低くなるでしょう。また、皮脂の酸化も炎症促進の原因ですから、抗酸化成分であるビタミンC誘導体を含む化粧水の使用、ビタミンEを含む食品の摂取も一定の効果をもたらすはずです。

医療機関で行われる専門的なケア

通常の医療機関では炎症を起こしたニキビにステロイド剤、抗生物質を用いる方法が一般的。確かに炎症を鎮めることは可能ですが、ニキビそのものの発生を抑えることはできません。皮膚科医院の受診を考えているならば、ホルモン治療で、角栓発生、皮脂過剰分泌を促す男性ホルモンを抑制し、ニキビが出来にくい肌質へと導くことが可能。ケミカルピーリングを推奨する医療機関も存在しますが、角質層を溶かして肌バリア機能を一時的に大きく弱めてしまうため、敏感肌の方には逆効果。リスクが伴いますので、あまりオススメはできません。

ホルモン治療が効果的な理由!

顎は男性であればヒゲが生える位置であることからも分かるように、男性ホルモンの影響を受けやすい部位です。なので、男性ホルモン過多の状態が続くと、皮脂の過剰分泌促進、角質層の異常角化による角栓発生促進といった働きを強く受けてしまいます。男性はヒゲが生えているので毛の成長と同時に不要な角栓、皮脂が押し出されてきますが、女性の場合はそもそも毛穴があまり開いていないので、角栓や皮脂が内部に溜まってしまい、ニキビが発生しやすいのです。そこで、男性ホルモンの作用を押さえる治療が有効になってくるわけですね。

顎のニキビを治す方法〜まとめ

顎ニキビの原因は、乾燥、および男性ホルモンの働きによって角質層が固くなってしまい、角栓による毛穴詰まりが起こることにあります。そのため、保湿ケアと男性ホルモンの作用を押さえる治療の2つがニキビ予防に効果的です。皮膚科医院で行われているレーザーやピーリングは逆に肌を傷めるリスクがあるため、敏感肌の方にはあまりオススメできません。