鼻の下ニキビの治し方

大人ニキビの中でも、鼻の下、口周りに発生する症例は炎症を起こしやすいと言われています!ここでは、そんな難治性のニキビについて日常ケア、皮膚科の専門ケアの双方を紹介。跡を残さずキレイに治すための基礎知識を網羅しています。

鼻の下に発生したニキビの治し方を解説!

こちらでは、鼻のすぐ下あたりに発生するニキビのケア方法について紹介しています。鼻と口の間にあたる部位は、皮脂腺が多く分布しているため、ひとたびニキビが発生すると炎症を起こして悪化する可能性が高いのです。それでは、ニキビ発生の原因と具体的なケア方法について見ていくことにしましょう。

原因はホルモンバランスの乱れ!

大人ニキビ全般について同じことが言えるのですが、ニキビ発生の最大要因はホルモンバランスが崩れて、男性ホルモン過剰の状態に陥ってしまうことです。男性ホルモンには角栓を発生させて毛穴を詰まらせる作用、皮脂の過剰分泌を促進してニキビを悪化させる作用があります。ですから、ホルモンバランスを調整して女性ホルモン優位の状態に導くことが、ニキビの根本治療になります。特に鼻の下、口周りなど男性であればヒゲが生える箇所というのは男性ホルモンの影響を特に受けやすい部位。ほぼ間違いなくホルモンバランスが乱れていると考えてください。

日常的なケアで改善できるの?

ホルモンバランスが乱れる最大の要因は、心理的なストレスや極度の疲労、睡眠不足、偏った食生活など、物理的ストレスも含まれます。なので、心理的なストレスを感じている場合は38〜40度くらいのぬるま湯で半身浴を行うなど、心身をリラックスさせる習慣を取り入れることが効果的ですし、生活リズムが乱れている場合は睡眠や食事の習慣を改めることで一定の改善が見込めるでしょう。基本的にはストレスを受けて交感神経優位の状態が続くと男性ホルモン過剰になり、リラックスして副交感神経が優位の状態になると女性ホルモンが活発になります。

炎症を起こしている場合は皮膚科の受診を!

ただ、炎症を起こして腫れてしまっている赤ニキビ、膿んでいる黄色ニキビなどは、日常のケアだけで完治させることが困難。ここまで悪化するとニキビ跡になって残ってしまう恐れもあるので、皮膚科医院で専門的な治療を受けたほうが良いでしょう。ただし、抗生物質による消炎はすでに発生しているニキビを治すだけの対処に過ぎず、ニキビ予防を含めたトータルケアとしては不充分。女性ホルモン、あるいは類似物質を投与して男性ホルモンを抑制するホルモン治療を行うことが、予防を含めた根本治療としてはもっとも優秀です。

鼻の下ニキビを治す方法〜まとめ

鼻下、口周りなど、男性であればヒゲが生える箇所のニキビについては、ほぼ例外なく、男性ホルモンの影響による角栓発生に根本原因があります。そこで、ホルモンバランスの乱れを是正するため、生活習慣の見直しを行い、ニキビの発生を予防するというケアがもっとも効果的。ただし、赤く炎症を起こしている場合は皮膚科医院でホルモン治療を行わないと、早期治癒は見込めません。