局所注射

注射によってニキビが治る!?こちらでは局所注射による治療法について徹底解説しています。どのような症状の時に有効なのか、基本的な知識をまとめていますので、にきびに悩んでいる方は是非ともご覧ください。一刻も早く美しい肌を取り戻しましょう。

局所注射によるニキビ治療

非常に即効性がある治療法として知られる局所注射について、ニキビ治療としての有効性をご説明させて頂きたいと思います。塗り薬以外の治療法が増えている昨今、より効果の高い治療を選ぶためには正しい知識を得ておくことが不可欠。より自分の症状に合った方法を選ぶことが、治療効果を高めるための第一歩です。

局所注射ってどんな治療法!?

ニキビに対して薬剤を注射する方法は、あまり深く知られていないようです。世間一般では“皮膚炎は塗り薬で治すもの”といった認識ですから、知名度が低いのはやむを得ないかもしれません。ただ、局所注射はすべてのニキビに効果を発揮するわけではなく、特定の症状に効果を発揮するという手法なので、自分の症状に適しているかどうかをきちんとチェックした上で検討して頂ければと思います。ニキビの注射療法にはケナコルト注射、プラセンタ注射、ヒアルロン酸注射の3種類があるので、ここからはそれぞれの効果について1つずつ解説することにしましょう。

ケナコルト注射の効果

ケナコルトというのは、いわゆる副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)です。免疫作用を抑制して炎症を抑える薬で、アトピー治療などに使うことがあるようです。ネット上では副作用を危惧する声も多く、やや危険視されている傾向があり、多用するのは危険です。ただ、炎症を抑えることに特化した薬なので、赤く腫れたニキビに対する対症療法に過ぎません。要するに、発生したニキビを消炎する効果は高いものの、ニキビが出来やすい肌質を改善すると言った根本治療が望める方法ではないのです。あくまで、炎症が激化した場合の優秀な一時しのぎとお考えください。

プラセンタ注射の効果

美容外科、皮膚科などでも多用されているプラセンタ注射は、高い抗酸化作用、アンチエイジング効果があるとされています。ただ、注射用のプラセンタは人間の胎盤から抽出したエキスなので、リスクを危惧する声も大きいのが実情。また、抗酸化作用、アンチエイジング効果など多くの肌トラブルを改善する作用がある…というのも医学的なエビデンスには乏しいのです。要するに、効果があると言われてはいるものの、実際にどの程度の効果があるかは不透明ということ。以上の理由から、当サイトとしてはあまりオススメしておりません。

ヒアルロン酸注射

シワなど陥没した部分に注入することで、その部位を膨らませて美容効果を得ることができると言われています。ニキビの炎症を抑える効果もなければ、ニキビを予防こともできませんが、クレーター状に陥没してしまったニキビ跡を弱いながらも一時的に消すという効果があると言われています。ただ、ほんの一時的でおすすめはできません。

局所注射によるニキビ治療〜まとめ

当サイトとしてややすすめられる注射は、ケナコルト注射とプラセンタ注射の2つ。炎症を伴うニキビを強力に消炎する場合にはケナコルト、凹凸状のニキビ跡を消したい場合にはヒアルロン酸注射がある程度有益といえます。ただ、いずれも対症療法であって、ニキビの根本原因を取り除くには至らないので、その点はご注意ください。あくまでも、辛い症状をいったん解決する…という方向性の方法になります。