開放面皰(黒ニキビ)の治し方

吹き出物に悩んでいる女性はコチラをご覧ください!医学的に正しい治し方を理解していれば、間違ったケアで悪化させてしまう心配もありません。黒ニキビを除去して美しい肌を取り戻し、さらにはニキビの出来にくい健康な肌質を取り戻す、そのための極意を満載してお届けします。

気になる黒ニキビの治し方!

ポツポツと小さなホクロのように出現する黒ニキビに悩んでいる女性は多いものです。こちらでは、そんな黒ニキビを治療するための方法を解説させて頂きます。赤く腫れているニキビと異なり、非炎症性皮疹と呼ばれる状態。正しいケア法を理解し、美しく白い肌を取り戻しましょう。

正しい情報を確認〜黒ニキビってどんな状態?

同じ初期ニキビである白ニキビと何が違うのか、そして炎症を起こして赤ニキビになる可能性はあるのかといった部分を確認していくことにしましょう。白ニキビから皮脂分泌がどんどん進んで面皰の内側に角化物質、脂肪酸、アクネ菌などが充満すると、やがて毛穴に収まりきらなくなって毛孔を押し広げて表面から顔を出すようになります。すると、皮脂が空気に触れて酸化し、黒く目立った吹き出物になるのです。これが黒ニキビ、ブラックコメドと呼ばれるもの。初期ニキビから徐々に悪化しつつある段階といえます。

黒ニキビの一般的な治療方法は?

基本的には白ニキビの治療法と大きな差はありません。毛穴の詰まりをケアするディフィリンゲル、ピーリング効果を持つサリチル酸ワセリンといった外用薬による治療がもっとも一般的です。また、保険適用外になりますが、ハイドロキノン製剤とトレチノインという薬品を混ぜたメラフェードという薬が使われることもあります。他には、すぐに既存の黒ニキビを消失させる方法として面皰圧出が行われます。この方法であれば、毛穴の目立たないキレイな皮膚を取り戻すことが可能になるのです。

もう黒ニキビが出来ない完全治療はあるの?

ここまで解説した方法は、あくまでも既に発生した黒ニキビを消失させる方法に過ぎません。そこでオススメしたいのが、面皰圧出を行った上で、肌本来のバリア機能を正常にさせる根本治療を合わせて行うこと。肌バリアの機能を低下させる主な原因は“男性ホルモンの増加”“角質層の乾燥”という2つです。そこで、ホルモンバランスを整えるために女性ホルモン同様の性質を持つイソフラボンを肌内部に浸透させる治療を行い、肌を保湿するという方法が最適。肌バリア機能を向上させれば、多少の外部刺激を受けても簡単にニキビが出来るようなことはなくなります。

自分で出来る黒ニキビのケア法

皮膚のターンオーバーを促進するビタミンB2、肌のバリア機能を若干ながら強化するビタミンB6、そして美白効果のあるビタミンCのサプリメントを摂取すれば一定の予防効果が見込めるでしょう。また、過度の外部刺激はニキビ発生の主原因ですから、手でこすらずに泡だけで優しく洗う、正しい洗顔を身につけることでも多少は改善するかもしれません。これらのケアに加え、角質層を保湿するための保湿化粧品を用いれば、肌バリア機能を向上させることが出来るはずです。こうした基本的なスキンケアをしつつ、様子を見るという選択肢も間違いではありません。

黒ニキビを治すための心得〜まとめ

黒ニキビを治癒させるには、皮膚科で面皰圧出を行った上で、ホルモン治療を行い、ニキビの出来にくい肌質を取り戻すことが最善です。間違っても、自分の手指でニキビの芯を抜こう、潰そうなどとは考えないでください。雑菌が入ったり、肌表面に傷がついたりして、逆に悪化させる原因になります。悪化して、赤く炎症を起こしてしまうと跡が残る可能性も出てきますので、黒ニキビのうちに正しい方法で治療し、きっちり完治させることが大切です。