最適な睡眠時間
〜肌のゴールデンタイム

美肌維持に欠かせないのが“肌のゴールデンタイムに睡眠を取ること”です。肌の新陳代謝を促す成長ホルモンは、この時間帯に良質な睡眠を取れるかどうかで分泌量が変わってくるからです。寝る時間帯をどうすれば良いか…など、肌再生の極意が満載!

完全解析!肌のゴールデンタイム

ダメージを受けた肌を修復してくれる“肌のゴールデンタイム”について聞いたことはありませんか?ニキビに悩んでいる方の多くが、肌再生に役立つゴールデンタイムに睡眠を取ることで美肌を取り戻せないか…と考えたことがあるでしょう。そこで、こちらでは一般に言うところのゴールデンタイムが存在するのか、そして存在するとすれば何時に寝るのがベストか、そのすべてを検討させていただきます。

実は“肌のゴールデンタイム”には諸説が存在!

基本的に肌のゴールデンタイムというのは、肌再生を促す成長ホルモンが分泌されやすい時間帯を指す言葉です。もともとは子どもの成長を促すホルモンとして知られていたのですが、肌のハリ、弾力を維持するのに必要な皮下組織の水分量をキープする働きがあるほか、肌のターンオーバーを促進して古い皮膚を新しい皮膚に生まれ変わらせる力も持っており、美肌を維持するためには不可欠な存在。別名で“天然の美容液”などとも呼ばれる、成長ホルモン分泌のために、ゴールデンタイムの間に睡眠を取ることが重要視されてきたのです。

これまでの定説は22時〜2時という考え方

これまで、成長ホルモンによる肌の新陳代謝がもっとも活発に行われる時間は、夜22時〜深夜2時と考えられてきました。この4時間、きちんと睡眠を取ることで肌のターンオーバーが促進されるという説が支配的だったのです。ただ、現代人にとって22時に眠るというのはなかなか難しいですよね?特に仕事をしている場合、残業などもありますから、22時にはまだ会社のデスクに座っていることも珍しくないはず。そのため“肌のゴールデンタイムに睡眠を取ること”は実現不可能な理想論…といったイメージで見られてきたように思います。

入眠後3時間説が徐々に一般化!

最近になって“肌のゴールデンタイムは22時〜2時である”という考え方に異論を唱える専門家が増えてきております。今はむしろ、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後3〜4時間であり、特定の時間帯に限定されてはいないという説が有力になってきています。これまで22時〜2時と言われていたのは、昔の日本人は22時、23時頃に寝る生活スタイルをとっている人が多かったためです。実際、入眠から3〜4時間の間、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されることが分かっており、重要なのは寝付いてから3〜4時間にしっかり熟睡すること、つまり、質の良い睡眠をとることだと考えられるようになりました。

“肌のゴールデンタイム”を享受するには?

ただ、やはり早寝早起きをしているほうが美容、健康に良いのは間違いありませんから、有力な説を総合的に捉えると“入眠から3〜4時間が肌のゴールデンタイムであり、可能なら22時、23時くらいに寝られるとベスト”といった認識をするべきでしょう。その上で、入眠直後に熟睡するため、ベッドに入る2〜3時間前に半身浴、入浴などで身体を温め、やや体温が下がってきたあたりで睡眠に入る…という方法がおすすめ。人間は体温が下がりつつある状態で眠気を感じるので、入浴からしばらく時間が経過したタイミングで入眠しやすくなるのです。

肌のゴールデンタイム〜まとめ

肌のターンオーバーが活発になるゴールデンタイムは入眠から3〜4時間という説が一般的になっていますが、可能なら日付が分かる前に眠りについたほうがベターなことに変わりはありません。ただ、どちらかといえば入眠直後の時間帯に熟睡することのほうが成長ホルモンの分泌量に影響するようです。そのため、ベッドに入る3時間ほど前に入浴するなどして“体温が低下してきた時に眠くなる”という人体の特徴を生かす方法がおすすめ。