イソプロピルメチルフェノール配合コスメ

背中にきび、顔にきびを問わず、効果的といわれるウソプロピルメチルフェノールの作用についてチェック!本当に治療効果はあるのか…、にきび跡に効く可能性はあるのか…などなど、効果の全てを徹底検証していますよ!

イソプロピルメチルフェノールによるニキビケア

こちらでは、一部のニキビケア化粧品に配合されている成分、イソプロピルメチルフェノールの効果について解説しています。ニキビに悩んでいる方で日常のスキンケアを見直したい…とお考えの方は是非とも参考にしていただければ幸いです。ニキビのないキレイな肌を取り戻すため、少しでも安全で効果的なケア方法を模索していきましょう。

イソプロピルメチルフェノールってどんな成分?

厳密にいえば、イソプロピルメチルフェノールは美容成分ではなく、殺菌作用のある成分です。一部の化粧品に含まれているものの、多くの場合は防カビ剤、殺菌剤、防腐剤といった役割を持つ添加物として配合されるのが普通。ただ、殺菌作用によって顔ニキビの原因となるアクネ菌を抑えられる上、抗真菌作用(防カビ作用)があることで背中ニキビの主原因となるマラセチア菌までも殺傷することができるために、ニキビケア化粧品に主成分の1つとして配合されています。

問題点も…?

全成分表示が義務づけられる前、厚生労働省はアレルギーなどの害をもたらす可能性がある102種類の成分を表示指定成分として“配合する場合には明示する”というルールを課していましたが、化粧品の指定成分に、このイソプロピルメチルフェノールが含まれていました。ただ、化粧品に配合される濃度は0.1%以下であり、この濃度であれば全く問題はありません。

イソプロピルメチルフェノールによるニキビケア〜まとめ

イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用により、ニキビの原因菌であるアクネ菌や背中ニキビの原因となるマラセチア菌を減らし、炎症を抑制する効果があります。ただ、対症療法的なその場しのぎに留まり、予防ケアとしては不適と言わざるを得ません。