レチノイド製剤

ディフィリンゲルをはじめ、外用レチノイドの認可によってニキビ治療の選択肢は大きく広がりました。ここではレチノイド製剤の効果、副作用といった基本情報をまとめ、皆様のニキビ治療をサポートしていきたいと思います。

外用レチノイド製剤によるニキビ治療

日本では長らく抗生物質による炎症ニキビ治療が幅をきかせてきましたが、2008年になってようやく、ニキビ治療の世界標準であるディフィリンゲルが認可されました。このディフィリンゲルは商品名で、一般名はアダパレン。この手の薬を外用レチノイドと呼び、日本のニキビ治療を大きく変えた薬として人気を博しています。

外用レチノイドの作用メカニズム

ディフィリンゲルをはじめとした外用レチノイドは、表皮の顆粒細胞が角質細胞へと変化する過程を抑制、分かりやすくいうと毛穴付近が柔軟性を失って固く狭くなるのを防ぐことでニキビ発生を抑えます。なので、ニキビ生成の過程に直接作用する薬なのです。この点が従来の抗生物質による治療と大きく異なり、初期の白ニキビ、黒ニキビに対しても効果が期待できるようになりました。元凶である男性ホルモンそのものを抑えるわけではないので、恒久的な予防は出来ませんが、塗り続けていれば新しくニキビが出来る確率が下がるのも大きな魅力といえます。

副作用には注意が必要!

外用レチノイドは、ピリピリとした皮膚刺激、発赤、痒み、乾燥肌の誘発といった数々の副作用が存在しており、不安なく使える薬とは言いがたいのが現実。さらに、外用レチノイドはビタミン Aの一種なので、妊娠中の多量摂取はおなかの子どもに悪影響を与えてしまうのです。また、レチノイドを含む白血病内服薬アムノレイクの動物実験で、オスの睾丸に悪影響をもたらしたという報告も存在しており、男性なら大丈夫とも言いがたいところ。もちろん、医師の指導下であれば問題はありませんが、副作用に注意すべき薬品であることは念頭に置いて使用してください。

すべてのニキビに効くわけではない!?

また、外用レチノイドはニキビの発生機序を妨げて治療するタイプの薬なので、炎症を緩和する作用はありません。白ニキビ、黒ニキビに対しては効果を発揮するものの、赤ニキビなどの腫れや発赤を伴うニキビに対しては単独で充分な治療効果をもたらすことはないのです。要するに、炎症を止める抗生物質を補完する医薬品であり、レチノイドだけで全てのニキビが治るわけではないので、その点もご注意ください。ただ、初期ニキビに対する対症療法としてはある程度効果を期待できるため、ニキビ治療の可能性が大きく広がったことは事実だと思います。

ニキビ治療の新薬!外用レチノイド〜まとめ

初期ニキビを治療する医薬品として2008年に認可されたディフィリンゲルをはじめ、外用レチノイドには白ニキビ、黒ニキビの症状を抑える効果が期待できます。ただ、副作用の報告が多いこと、炎症を抑える効果を持たないことなど、問題点も指摘されていますので、ニキビ治療の万能薬と呼べるまでには至っていません。また、対症療法に過ぎませんので、使用をやめればニキビが再発する可能性もあり、これだけで全てが解決するといった期待は難しいでしょう。