ニキビは徹底消毒!…は大間違い!?

消毒液を塗るとニキビが治るという噂は果たして本当なのでしょうか?根拠のない俗説なのか、それとも一定の効果が認められるのか、ニキビと消毒の関係を徹底的に調査することにしましょう。肌質改善の第一歩は、正しい知識を仕入れることです!

消毒するとニキビが改善するってホント?

炎症を起こしたニキビにマキロンなどの消毒液を塗布することで炎症が改善した…という情報がインターネット上に出回っているようです。果たして、ニキビを消毒すれば治るという噂は医学的に正しいのでしょうか?こちらでは、消毒することでニキビが治癒するのかどうか、医学的見地からリサーチしてみたいと思います。

ニキビは消毒すれば治るの?

インターネットで、ニキビにマキロンをつけると治るという話を見かけたのですが、本当に効果はあるのでしょうか?そのサイトの説明では、エタノールなどの殺菌効果でアクネ菌を殺菌することが出来るので、炎症が治まるといった感じになっていたと思います。もし、マキロンなどの消毒液でニキビが治るのなら、どういう使用方法がベストなのかも合わせて教えていただきたいです。

マキロンなどの消毒液にはある程度の殺菌作用があるので、アクネ菌を減少させる効果は確かにあるかもしれません。また、マキロンに限らず抗炎症作用がある創傷消毒剤であれば、一時的に炎症が緩和されて赤みが引く可能性もあるでしょう。しかし、これらの効果は僅か、あるいは一時的なものであり、市販の消毒液でニキビを完治させることは難しいと考えるべきです。アクネ菌を殺菌しなければならないほどの炎症が起きているなら、専用の抗生剤を用いたほうが効果的といえます。また、抗生剤についても言えることですが、アクネ菌を殺菌して炎症を緩和させる手法はあくまでも今発生している炎症を抑えるための対症療法に過ぎず、新しくニキビが発生するのを防ぐ効果はありません。要するに、アクネ菌を殺菌するというアプローチ自体、その場しのぎにしかならないのです。マキロンなどの外傷用製品をニキビに用いるのは用途外使用であり、悪影響を与えてしまう恐れもありますから、原則、避けたほうが良いのは間違いありません。炎症を伴う赤ニキビが複数発生した場合は、自己流のケアで治そうとせず、皮膚科医に相談したほうが良いでしょう。

ニキビに消毒液はNG〜まとめ

マキロンなどの市販消毒液、エタノールを用いたアルコール消毒…といった方法で炎症を伴うニキビを消炎しようとする民間療法が存在しているようですが、これは医学的見地から推奨できるものではありません。アクネ菌を殺菌するのであれば皮膚科で用いている抗生剤を使うべきで、市販の消毒剤ではせいぜい一時的な効果しか期待できません。また、炎症に対して殺菌を行うという治療法自体、炎症の拡大を抑えるための対症療法に過ぎず、ニキビ肌を治療するための根本治療にはならないのです。以上から、消毒液を用いた自己流ケアはNGという結論になります。