女性ホルモンが
ニキビに与える影響

大人ニキビを治すためのカギは女性ホルモンにあった!?こちらではニキビの根本原因である“肌バリアの破綻”をキーワードに、美しい肌を保つための方策を徹底解説。女性ホルモンが肌の健康を維持するメカニズムについても、わかりやすく説明しています!

女性ホルモンとニキビの関係を徹底解説!

大人のニキビを予防、緩和するためには女性ホルモンの力を借りるのがベストです。ここでは、女性ホルモンがニキビを予防するためにどのような役割を果たしているのかを徹底解説していますので、ニキビの治し方を知りたい方は是非ともチェックしてください。美しい肌を守るためには何をすれば良いのか、そのすべてを網羅しています。

女性ホルモンが肌に与える影響とは?

女性ホルモンと呼ばれているものは1種類ではありません。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の大きく2つに区分されており、働きが異なります。エストロゲンは皮脂分泌を抑え、きめ細かい肌を保ちますが、プロゲステロンは逆で、皮脂分泌を促します。一般に生理前になると肌が荒れやすくなるのは、このプロゲステロンの影響というのが一般の説とされてきましたが、実際は間違いで、このメカニズムがわかれば良いのですが今のところ不明です。要するに、女性ホルモンバランスが正しく保たれ、その上でエストロゲンの美肌作用を充分に享受できればベスト…ということですね。

大人ニキビはどうして出来るの?

まず、大人ニキビの原因について解説することにしましょう。ニキビというのは毛穴が角栓で詰まり、そこに皮脂が溜まることで生じます。要するに、ニキビが出来る第一段階は、角栓によって毛穴が塞がれてしまうことなのです。この原因は、男性ホルモンの働きによって角質細胞が過角化してしまい、角質層が柔軟性を失うこと。過角化するというのを具体的に言うと、肌が乾燥するのを防いでくれる天然保湿因子、さらに外的刺激から守ってくれるセラミドといった細胞間脂質が失われることを指しています。まさに大人ニキビの根本原因といえるでしょう。

エストロゲンがニキビを防ぐメカニズム!

エストロゲンは男性ホルモンとまったく逆の働きを持っています。要するに、角層の細胞間脂質であるセラミド、天然保湿因子が構成するバリア機能を強化し、水分をたっぷり含んだ肌を維持してくれるわけです。この状態では角質細胞が過角化しませんから、角質層は柔軟な状態を保ち、毛穴が簡単に塞がるようなことはありません。毛穴が角栓で塞がらなければ、仮に皮脂が多量に分泌されたとしても、毛穴の中に溜まってしまうことがないので、ニキビになることはないのです。女性ホルモンは、ニキビ予防、治療の救世主ともいうべき存在ですね。

女性ホルモンはニキビ治療の救世主〜まとめ

ニキビの原因は皮脂だと考えている方が多いようですが、根本原因は肌バリアが失われて角質層が乾燥し、角栓による毛穴詰まりが起こりやすくなることです。毛穴が塞がれていなければ、皮脂は毛穴から排出されるわけですから、特に問題にはなりません。これらを総合的に考えれば、肌本来のバリア機能を回復させ、角質層の水分量をキープしてくれる女性ホルモン、エストロゲンを適度に増加させることがニキビ治療、予防の基本であることは間違いないでしょう。