胸ニキビの治し方

辛いニキビに悩んでいる方はコチラ!胸部をはじめ、身体に発生したニキビをケアするための具体策をどこよりも分かりやすく解説しています。今すぐに正しい治療法を取り入れ、キレイな肌を取り戻しましょう。

胸のニキビの治し方を徹底解説!

ニキビは顔ばかりに出るものではなく、身体にも生じことがあります。ここでは、そのうち胸部に生じるニキビについて、効果的なケア方法をご紹介させて頂きますので、身体のニキビに悩んでいる方は是非とも参考になさってください。正しい方法で治療をすれば、悪化したニキビでも完治させることは充分に可能です。

胸ニキビの原因は何?

胸部をはじめ、身体に生じるニキビはアクネ菌ではなくマラセチア菌という真菌(カビ)の一種によって炎症を起こすため、厳密にはマラセチア毛包炎と呼ばれます。ただ、炎症の原因となる菌が異なるだけで、角栓によって詰まった毛穴内部に皮脂が溜まるという機序については同じなので、胸ニキビという認識で構いません。内的要因としてはホルモンバランスの乱れによって肌本来のバリア機能が弱まり、角栓が生じるというものですが、胸ニキビの場合は、不衛生な衣服から雑菌が移ったり、化学繊維の衣類による摩擦もニキビの発生、悪化要因になり得ます。

日常生活の中で可能なケア方法は?

衛生面では、肌に触れる下着は常に清潔なものを着用すること、髪の毛をロングにしている場合は患部に触れさせないよう結んでおくことなどが挙げられます。それと同時に、肌バリアの機能低下を防ぐケアも重要。ホルモンバランスは不規則な生活や心理的ストレスによって崩れてしまうため、睡眠サイクルや食事に気を遣い、ストレスを感じた時は適度に発散することが大切。肌の身体の一部ですから、健康的な生活を心がけていれば、徐々に症状は改善していくのです。

悪化した胸ニキビのケア

ただし、日常生活におけるケアで改善が望めるのは、白ニキビ(コメド)や黒ニキビ(ブラックコメド)といった比較的初期のニキビまで。炎症を起こした赤ニキビは、放置すると膿をもって黄色ニキビになってしまう恐れもあるので、この状態になってしまったら皮膚科医院を受診したほうが賢明です。ただし、一般的な皮膚科では炎症部位にステロイドや抗真菌剤を塗布するといった対症療法に終始することが多いため、可能ならニキビ外来を設置している皮膚科医院を受診するようにしましょう。

胸ニキビの改善方法〜まとめ

胸部など身体に生じるニキビはマラセチア菌というカビの一種によって引き起こされることが多いですが、それ以外の発生機序は顔のニキビと同じなので、それほど特別視する必要はありません。基本的には顔のニキビと同様、ホルモンバランスを正常化する生活習慣、患部の衛生管理、保湿ケアといった方法で改善が見込めますが、炎症がひどいようならニキビ専門外来を設置している皮膚科でホルモン治療を受けるのがオススメです。