サリチル酸製剤

サリチル酸ワセリンを用いたニキビ治療について、情報公開!慢性的なニキビに悩んでいる方、炎症性のニキビに苦しんでいる方…などなど症状によって向いている薬品は変わってきます。ご自身の症例にサリチル酸が合うのかどうか、コチラでチェックしてみてください。

サリチル酸製剤によるニキビ治療

こちらでは、ニキビの治療薬として用いられるサリチル酸軟膏の効能について紹介したいと思います。自分に合ったニキビ治療を探されているのであれば、是非ともこちらをお読みいただき、今後の治療戦略を立てる一助にしていただければ幸いです。

サリチル酸製剤ってどんな薬品?

サリチル酸は肌の角質層を柔軟にする作用があるため、角質硬化による角栓発生を抑え、ニキビの初期状態である面皰を防ぐ効果が期待できるでしょう。また一定の殺菌作用を併せ持っているので、アクネ菌を減らして炎症発生の確率を下げるという追加効果もあるはずです。製品としてはサリチル酸ワセリン軟膏があり、5%と10%のものが存在。当然、パーセンテージが高いほうが効果も向上します。また、ニキビ以外の皮膚病にも用いられることがあり、昔は水虫治療などに多用されていました。

サリチル酸ワセリンの副作用

サリチル酸には過敏症状をもたらす可能性があることが知られており、痒み、発赤、熱感などの副作用が出ることがあります。また、皮膚への塗布の範囲では問題ないですが、一定の催奇性があることも考慮に入れるべきでしょう。妊婦さん、妊娠の可能性がある女性は留意が必要だと思われます。

ケミカルピーリングにも使われている!?

外用薬を用いないニキビ治療の1つとして、ケミカルピーリングというものが存在します。そして、サリチル酸はこの施術を行う際のピーリング剤としても用いられることがあるのをご存じでしょうか。どちらかというとAHA(フルーツ酸)を塗布するケミカルピーリングのほうが主流のようですが、サリチル酸によるケミカルピーリングを行う医療機関もあり、別の方法でもニキビ治療に一役買っている成分といえます。こういった部分を加味すると、角質を柔軟にする効果についてはかなり信用して良いのではないでしょうか。

サリチル酸ワセリンのニキビ治療効果〜まとめ

サリチル酸には殺菌作用と角質を柔軟にする作用があるため、ニキビの発生と悪化を防ぎます。ただ、毛孔性苔癬といった疾病に用いられることのほうが多く、純粋なニキビ治療薬ではないので、補助的な治療法といった見方をしたほうが正確かもしれません。また、過敏症による発赤といった副作用、動物実験における催奇性が報告されているので、妊婦の方、敏感肌の方は注意が必要。バリア機能の低下した大人ニキビの方が使用することもおすすめできません。