光治療

最新のにきび治療法、LED光について徹底検証!ニキビを治す上で大きな効果をもたらすと言われているLEDの効果について、どこよりも詳しくまとめました。新時代の治療法について詳しく知りたいという方は、まずこちらをチェックしてみてください。

LED光治療ってどんな方法!?

近年、一気に普及したLED光治療について解説したいと思います。LEDというのは発光ダイオードのことで、一見 “光を当てただけで治療効果があるなんて本当なの?”と聞きたくなるかもしれませんが、レーザー治療などが普及している現状を考えれば、不思議なことではないですね。それではニキビの光治療について詳しく見ていくことにしましょう。

青色LEDによる光治療

青いLED光には、アクネ菌を殺菌する効果があるとされています。アクネ菌は青色LEDの光を浴びると活性酸素を産生するポルフィリンという物質を持っているため、強い青色光を浴び続けると、アクネ菌そのものが強力に酸化されて死滅してしまうのです。また、青色光には皮脂分泌を低減させる作用も認められているため、ニキビの原因菌を殺菌しつつ、既存のニキビが悪化するのを防ぐ効果も期待できます。

赤色LEDによる光治療

赤いLED光には、ミトコンドリアに作用して細胞の働きを活性化する作用があると言われています。免疫細胞の一種であるマクロファージ(貪食細胞)の働きを向上させる力も持っているので、炎症による発赤を緩和するという説も有力。赤ニキビによる炎症に悩んでいる方、ニキビ跡が赤っぽく変色している方などは、症状の緩和が期待できるかもしれません。ただ、効果は穏やかですし、ニキビの根本原因に作用する治療ではありませんので、あくまでも他の治療と併用する補助的な施術であるとお考え頂いたほうが良いでしょう。

黄色LEDによる光治療

黄色いLED光には細胞の修復機能をケアする効果があるとされているため、敏感肌のケア、ターンオーバー周期の改善に一定の効果を発揮する可能性があるでしょう。簡単にいえば肌の防御力を全体に底上げし、ニキビに負けにくい肌を作っていく効果が期待できるということになります。ただ、これまでにお伝えした青色光、赤色光と同様、まだ研究途上の部分も多いため、他の治療法と併用するほうが確実なのは間違いありません。単独で充分な効果を発揮する治療法と言うには、まだまだ未解明な部分が多すぎるのです。

LED光によるニキビ治療〜まとめ

最近になって医療への応用が進められているLED光。青色LED光についてはニキビに対する明確な効果が確認されており、おすすめです。上で紹介した以外にも、紫色のLED光がカビを死滅させる効果を持っていること、緑色LED光が新生児の黄疸を緩和することなどが知られており、発展途上の分野とは言え、今後の研究が待たれるところです。5年後、10年後には中心的な治療法として用いられるようになるかもしれませんね。