毛穴詰まり

毛穴の奥が炎症を起こし、最悪の場合は治癒したあともクレーターのように陥没した跡が残ってしまうこともある、美容の大敵…ニキビ!こちらではニキビ生成のメカニズムを徹底的に解析し、もっとも効果的な根本治療はどのようなものなのかを分析しています。美肌を取り戻すための秘策を知りたい方は必見!

ニキビの根本原因は毛穴詰まり!

“ニキビは皮脂のせいで発生する”と考えられているようですが、皮脂はニキビを悪化させる原因であって、根本原因ではありません。根本原因は、角栓によって毛穴が詰まってしまうことです出口を塞がれた毛穴に皮脂が溜まることで悪化していくわけですね。こちらでは毛穴が塞がれる過程について分析し、ニキビ治療の可能性を探っていきたいと思います。

軟毛性毛包

軟毛性毛包というのは、産毛を生やしている毛穴のことです。皮脂腺がほとんどないため、あまりニキビが発生することはないのですが、別の理由で炎症を起こす可能性はあるので、肌トラブル予防の基礎知識として、知っておく価値はあるでしょう。

脂腺性毛包

皮脂を大量に産生する毛穴が、この脂腺性毛包。非常にニキビが出来やすく、多くの方々を苦しめている存在といえます。一般的なニキビ治療の方法、ニキビが発生して悪化していくメカニズムを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

終毛性毛包

髪の毛、ヒゲといった太くしっかりした毛を生やしているのが、終毛性毛包です。ニキビが出来ることは非常にまれですが、頭皮にニキビ様の吹き出物ができるケースもありますので、肌の美容と健康を考える上では知っておくべき存在。

毛穴が詰まる原因は男性ホルモン!?

ニキビの原因が毛穴詰まり…というのは上述したとおりですが、なぜ毛穴が角栓で塞がれてしまうのでしょうか?ここでは毛穴が詰まってニキビが出来てしまう理由を詳細に分析すれば、抜本的解決を図るための“ニキビを未然に防ぐ方法”が見えてくるはず。トラブル知らずの美肌を実現するために、毛穴が詰まるメカニズムを分析してみましょう。

男性ホルモンには角質の柔軟性を奪う性質があります!

女性の体内でも男性ホルモン(アンドロゲン)が産生されており、実は、この男性ホルモンこそがニキビ生成を根本原因だったのです。男性ホルモンが優位になると内分泌系に影響が及び、角質層を破壊する副腎性男性ホルモン、肌の新陳代謝を乱して角質の正常な働きを妨げるコルチゾールの値が上昇してしまいます。このため、角質層が柔軟性を失い、毛穴が角栓で目詰まりを起こしやすくなり、ニキビが出来やすい肌質へと変化してしまいます。

男性ホルモンは皮脂の過剰分泌を促す性質も…!?

さらに、男性ホルモンは皮脂の分泌を促す働きもあるため、角栓によって塞がれた毛穴に皮脂が溜まるのを促進してしまいます。こうして、目詰まりを起こした毛穴(面皰)の内部に皮脂が溜まっていき、白ニキビが生成されるのです。要するに、男性ホルモンはニキビ発生の根本原因であると同時に、悪化させる要因でもあるといえます。

毛穴を詰まらせる元凶は男性ホルモン〜まとめ

ニキビが出来る理由をまとめると“脂腺性毛包と呼ばれる毛穴が角栓によって詰まり、内部に皮脂が溜まってしまう”ということになります。そして、毛穴詰まりは、男性ホルモンが内分泌系に与える悪影響に起因するわけです。となれば、ニキビ予防のためにもっとも効果的なのは、男性ホルモン優位の状態を作らず、ニキビ予防、治療にもっとも大きな効果を期待できる女性ホルモンを活用する必要があります。