予約待ちの方 / 通院がむずかしい方へ

相澤メソッド95と
当院のニキビ痕の治療法

相澤メソッド95と、当院のニキビ痕の治療法

相澤メソッド95 中文 » 中文 »

相澤メソッド95とは

相澤メソッド95とは、赤ニキビやニキビ痕の赤み、しみで悩んでいる全国の人々に、相澤皮フ科クリニックで処方している“外用薬に近い効能を持つ商品”を届けられないかと思い、研究してきた化粧品です。
また、クリニックに通院中の患者さんに「仕事や遠方へ移住した関係で、クリニックの緑軟膏が欲しくても取りに来れないので、ネットでも購入できる強力なクリームを開発してほしい」と言われたことが開発の原動力になりました。
95というのは、相澤皮フ科外用薬の95%くらいの効果が得られるシリーズです。
外用薬に近い化粧品なので、クリニックで推奨しているポイントパッチでの密封療法や重層療法を応用できます。

相澤メソッド 薬用ミドリクリーム

画像:相澤ミドリクリーム

赤ニキビのための緑軟膏に限りなく近い効能を持つクリームです。
アクアチムクリームやデュアックで治す方法ではなく、ニキビそのものにミドリクリームを吸着させポイントパッチをすることで、翌朝に剥がれ落ちるというクリニックと同じ使い方です。薬用エストラナイトクリームより強力な殺菌作用を持ったクリームです。朝と夜の1日2回、塗布して下さい。クリニックの緑軟膏を重ねる重層療法をすると更に効果があります。

ご購入はこちら

相澤メソッド ECジェル

画像:相澤炭酸パック

相澤ECジェルとは、ビタミンC、ビタミンE、酒かすを配合しており浸透力も優れ、使用感もひんやりとしています。ニキビ痕の赤みに効果があります。
相澤皮フ科処方のイベルメクチンクリームとの比較テストでも、ニキビ痕の赤みに対して遜色ない結果がでています。
相澤ECジェルはアトピー性皮膚炎の痕の赤み、更年期女性の顔のくすみ、二の腕ぶつぶつの色素沈着にも効果があります。酒さ様皮膚炎のようなデリケートな皮膚にも刺激がなく安心して使えます。
ポイントパッチはニキビ治療として特許を取得した優れた商品です。さらに、女性用赤みクリームや、イベルメクチンクリームとの重層療法が効果的です。
相澤ECジェルにパッチを使用することで、よりいっそうのニキビ痕の赤み改善を促します。

ご購入はこちら

相澤メソッド 炭酸パック

画像:相澤炭酸パック

相澤炭酸パックとは、従来のRジェルパックに、酒かすや保湿成分を加え、より美白効果がアップするよう改良しています。
ニキビ痕の赤み改善を目的とした相澤メソッドとして、できれば28日連続パックをおすすめします。肌質改善にも効果があります。
相澤炭酸ガスパック後に相澤ECジェルで整えることによりWの効果が期待できます。

ご購入はこちら

相澤メソッド 薬用スポッツ
ローション

画像:相澤スポッツローション

相澤皮フ科クリニックでは赤ニキビの治療薬(ニキビ菌の殺菌)としてダラシンローションとゼビアックスローションという抗生剤ローションを処方しております。その抗生剤ローションに相当する植物由来成分を利用したお肌に優しいローションが作れないものかという想いから【相澤メソッド95 スポッツローション】の開発に取りかかりました。

スポッツローションに高配合されているユキノシタエキスは山地の岩場に生息する雪ノ下(ユキノシタ)という植物から抽出したものです。古来より民間薬として使われ、うるしのかぶれ、腫れものなどの治療に使われていました。我々はユキノシタの葉に含まれるフラボノイド成分の皮脂抑制作用に注目しました。
クリニックの患者様のモニターテストにおいても、ユキノシタエキスの濃度を調整する事で、赤ニキビに有効なダラシンローションとの比較テストで同等の効果を得ることが出来ました。
またスポッツローションに配合したコメヌカエキスにはポリフェノールの1種であるフェルラ酸が多く含まれており、抗酸化作用とメラニン生成抑制作用があります。
スポッツローションはニキビ痕の赤茶ニキビや色素沈着を改善させ、相澤皮膚科クリニック処方のニキビ痕ローションとの比較テストにおいても同等の効果を確認しました。

相澤メソッド95 スポッツローションは高濃度ユキノシタエキスやコメヌカエキスを配合し、赤ニキビの炎症ニキビ、ニキビ痕の赤茶ニキビの両方に効果が期待できるローションです。スポッツローションには薄い茶色がついてますが、この色は生薬そのものの色味です。安心してご使用下さい。

おすすめのご使用方法として、赤ニキビには「相澤メソッドスポッツローション+相澤メソッドミドリクリーム」を。
赤茶ニキビには「相澤メソッドスポッツローション+相澤メソッドECジェル+炭酸ガスパック」の併用がおすすめです。

ご購入はこちら

相澤メソッド KMローション

画像:相澤KMローション

相澤皮フ科クリニックの院内製剤から生まれた白ニキビ用ローション
相澤皮フ科クリニックでは白ニキビの治療薬として「Kローション」という漢方・ビタミン成分ローションを処方しています。

ニキビの発症は必ず第一段階の白ニキビ(非炎症性ニキビ)ができ、それから第二段階の赤ニキビ(炎症性)という2つのステップを経て病態が完成します。実は第一段階の白ニキビ(非炎症性ニキビ)がニキビという病気の本質です。この白ニキビ(非炎症性ニキビ)の治療薬としてKローションが生まれました。

白ニキビ(非炎症性ニキビ)はすべてのニキビの始まりであり、言わばニキビの地雷と言えます。生まれたてのニキビという意味で「赤ちゃんニキビ」とも言いますが、そんなかわいいものではありません。

白ニキビのうちから正しいニキビケアをすれば、赤ニキビや赤茶ニキビ、ニキビ痕に発展しない患者さんもいらっしゃいます。
白ニキビは潰して角質を出してしまうと一時的には良くなりますが痕が残ってしまいます。痕を治したいと受診される方がここ数年多くなっています。

クリニックで推奨している「Kローション」は白ニキビの根本治療薬としてヒオウギエキス(イソフラボン)やブクリョウエキス(漢方成分)やナイアシンアミドを配合しています。
このKローションを白ニキビで悩んでいる多くの方にお届けできないかと考案したローションが「相澤メソッドKM ローション」です。

相澤メソッド KMローションにはお肌の水分量を上げるナイアシンアミドや抗酸化作用のあるアスコルビルグルコシドなどのビタミン成分の他、ヒオウギエキス、ブクリョウタケエキス等を配合しました。

ご使用方法として、グラデーション塗布法をお勧めしています。KMローション適量を手に取り、お顔全体になじませてください。額などのTゾーンはたっぷりと使い、顎にはやや控えめに塗布(=グラデーション塗布方法)していただくと効果的です。

白ニキビを侮らず発症予防やコメドの減少に効果のある相澤メソッド KMローションで日々のケアを心がけましょう。
以下の治療プロセスでの使用方法がおすすめです。

ご購入はこちら

相澤スキンメディカルサロンLapis 調布店、新宿店でもご購入いただけます。

治療プロセス

相澤メソッドでは、重層療法と密封療法の両方を行って治していきます。

遠方で通院できない人向けの治療プロセス

黄色のマーカーは相澤メソッド95シリーズの商品です

大人ニキビの人

赤ニキビ

※図は指で拡大できます

図:治療プロセス
白ニキビ

※図は指で拡大できます

図:治療プロセス
ニキビ痕の赤み・しみ

※図は指で拡大できます

図:治療プロセス

思春期ニキビの人

赤ニキビ

※図は指で拡大できます

図:治療プロセス
白ニキビ

※図は指で拡大できます

図:治療プロセス
ニキビ痕の赤み・しみ

※図は指で拡大できます

図:治療プロセス

Q & A

患者さんの写真

▲ページトップ